税理士法人 絆

絆がある。
事務所ブログ|事務所からのお知らせや日記です! 新田が行く!

稲盛和夫の実学 経営と会計

2010年7月 5日 08:25 | | コメント(2)

『稲盛和夫の実学 経営と会計』

日本経済新聞社

稲盛和夫


経営者オススメ度 ★★★★★


s30749861.jpg

 

 

読むのは、3度目です。

この本から、「経営には、会計が大切なんだ」ということを

頭に叩き込まれました。



日曜日、また、一気に読みました。

少し前の本ですが、書かれていることは、

とても新鮮です。



経営者の方には、100%読んでいただきたいくらいの本です。



_____________________________

 

 

以下、引用。

 

 

真剣に経営に取り組もうとするなら、経営に関する数字は、

すべていかなる操作も加えられない

経営の実態をあらわす唯一の真実を示すものでなければならない。

損益計算書や貸借対照表のすべての科目とその細目の数字も、

誰から見ても、ひとつの聞違いもない完壁なもの、

会社の実態を100パーセント正しくあらわすものでなければならない。

 

なぜなら、これらの数字は、

飛行機の操縦席にあるコックピットのメーターの数値に匹敵するものであり、

経営者をして目標にまで正しく到達させるための

インジケーターの役割を果たさなくてはならないからである。

5P

 

 

 

 

経営者がまさに自分で会社を経営しようとするなら、

そのために必要な会計資料を経営に役立つようなものにしなければならない。

 

それができるようになるためにも、経営者自身が会計を十分よく理解し、

決算書を経営の状況、問題点が浮き彫りとなるものにしなければならない。

 

経営者が会計を十分理解し、日頃から経理を指導するくらい努力して初めて、

経営者は真の経営を行うことができるのである。

43p

 

 

page top↑

コメント(2)

畑岡(2010年7月 6日 18:23)

新田さま

私も部分的に読み直しました!!奇遇です~!!

経営社のバイブル本ですね!!


新田(2010年7月 6日 19:21)

さすが、畑岡さん。

読むべき本はちゃーんと読んでるのですね(笑)

コメントする









メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。