税理士法人 絆

絆がある。
事務所ブログ|事務所からのお知らせや日記です! 新田が行く!

甲子園への遺言

2014年9月30日 07:32 |

『甲子園への遺言』

門田 隆将

講談社文庫


 

s9784062762175.jpg

 

 

 

会ったことも話したこともないですが、

作品から高畠さんの人となりがうかがえます。

この方のようになりたい、と思わせます。



この方のようになりたい、と思う人に

本の中で出会えただけで幸せ。

とても良い本でした。

 

 

____________________

 

 

以下、引用。



「やっぱり人柄ですよ。高さんは、面倒見がいいし、努力する人が好きだった。

いいのは放っといてもいいんや、とよくいってました。

あの若さでコーチになったんですから、それは苦労もしたと思う。

でも、コーチとして成功したのはあの人柄が一番大きかったと思いますね。

人柄が伴わないと、選手はいうことをきかんですから」199p




「高畠さんにコーチを受けた人は、誰一人、同じ形をしていません。

みんな自分の個性のまま、それぞれの形をしています。

高畠さんにも、バッティングはこうしなけれぼならないという理論はあると思います。

でも、高畠さんは絶対にそれをいわない。それが高畠さんなんです」357p




「高畠さんは、コミュニケーターなんです。

悩んでいたり、壁にぶつかったり、くよくよしていると、あの人は、必ず声をかけてくれます。

気持ちを楽にしてくれるんです。そんなん、気にするな、といってくれる。

"人思いの人"なんですよ。人を元気づけて前向きにしたり、悩んでいる人を立ち直らせる。

僕自身、高畠さんに、これまでどれだけ勇気づけられてきたかわかりません」

359p




30年のコーチ人生で掴んだ高畠の到達点。それは、

「才能とは、逃げ出さないこと」

「平凡のくり返しが非凡になる」

という真理にほかならない。362p




「君は剣道部か。いい目をしてるなあ。なんで警察官になりたいの?」

兄弟が警察官である高畠は、警察には特別の親しみを持っている。

「親が警察官なんで……」、

境は、はにかみながらそう答えた。

「そうか……。君はいい目をしてるなあ」

371p



 

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。