税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

事務所ブログ|税理士法人絆からのお知らせや日記です!

新田が行く!2014年までのブログはこちら

太閤記(下)

2016年3月22日 06:10 |

『太閤記 (下)』

司馬 遼太郎

新潮文庫

 

 

simhhjgres.jpg

 

 

時間かかりましたが、読了。

秀吉の世界観と司馬遼太郎の世界観が

交差しながら、どちらにも引き込まれていく、そんな印象でした。


藤吉郎が秀吉に成り上った要因。

これが爪の垢ほどでも自分にあればと、

羨ましく思ってしまいます(*^^*)

 

__________________

__________________


官兵衛はうなだれた。文字どおり信長が親であったであろう。卑賎からひろいあげられ、信長

の手塩で育てられた。この男の二十余年の歳月は、信長の存在をのぞいて瞬時も語れない。

信長の呼吸の数をさえこの男は自然に知っており、その数にあわせて、自分自身も一ツ呼吸

をしていた。

(……が)

と、官兵衛はおもう。この秀吉という人間の傑作ともいうべき人物は、片面で嬰児のように号泣

しつつ心のどこかではこの事態のゆくすえを冴えざえと見ぬきはじめているのではないか。

100p





「官兵衛、世の事はすべて陽気にやるのよ」

それが秘訣だ、と秀吉はおもっている。悪事も善事も陽気にやらねばならない。ほがらかにあ

っけらかんとやってのければ世間の者もその陽気さにひきこまれ、眩惑され、些細な悪徳まで

が明色にぬりつぶされて一種の華やかさを帯びてくる。

(そういうものだ)

と、秀吉はこの重大行動に出るにあたってことさらにそれを思った。

280p

 



 

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。