税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

事務所ブログ|税理士法人絆からのお知らせや日記です!

新田が行く!2014年までのブログはこちら

リーダーは半歩前を歩け

2016年7月31日 11:39 |

『リーダーは半歩前を歩け』

姜尚中

集英社新書

 

 

scover.jpg

 

 

sIMG_4317.jpg

 

 

新田 哲也 様 とご本人からいただきました(^-^)

あるべき論、ではなく、第三者からの引用や世の中の流れのなかから終始淡々と語る。

押し付けられない感があり、読みやすく好感も得られる。

半歩前か~。。。

 

_______________

_______________

 

 

すなわち、自由になりすぎたためにもたらされた「孤独」のせいで、つらくなってきたのです。

これまでにも私は何度か引きあいに出しているので、ご存じの読者も多いかと思いますが、

エーリッヒ・フロムの言う「自由からの逃走」が差し迫った問題になっているようです。

つまり、自由でいるのが苦しくなってきたのです。人はある程度自由を制限してもらったほ

うが、生きやすく、行動しやすいのです。

人びとはいま、そんな「支配」を求める心境になっているのではないでしょうか。28p




これに対して、金氏は「半歩」と言ったのです。

ぜったいに国民の手を離さず、国民がついてこなければ、「半歩」下がって彼らの中に入り、

わかってもらえるまで説得して、同意が得られたら、また「半歩」先を行く、と。

それを聞いて私は、「現代」という難しい時代にふさわしいリーダーシップは、これではない

かと、たいへん感心したのです。35p

 



逆に言うと、意味のない仕事に情熱を注ぐことなど、本来的にできるはずがないのです。

ですから、リーダーたるものは、自分たちの活動にどのような意味があり、自分たちの組織

にどのような意味があり、そこでの自分たちの仕事の一つ一つにどのような意味があるの

か、明確に意味づけできないといけません。

すなわち、「ビジョン」を示せなければならないのです。67p

 



自由になりすぎたために人びとにもたらされた「孤独」でもあり、リーダーはそれを人びとから

引き取って背負わなくてはならないのです。

その意味で、リーダーの最終的な力量は、どれだけ孤独の重責に耐えられるかという、

「孤独力」と言ってもいいのです。87p


 

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。