税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

事務所ブログ|税理士法人絆からのお知らせや日記です!

新田が行く!2014年までのブログはこちら

致知3月号

2016年10月17日 06:40 |

『致知3月号』

致知出版社

 

schichi_hyousi_12.jpg

 

 

28年3月号のテーマは、

『願いに生きる』。

いや、しかし、半年以上遅れています(-_-;)


尊い願いを抱きながら

毎日生活をしている人々。

王将の社長の対談が面白かった(^-^)

 

________________

________________




「衆生」というのは、生きとし生けるもの、「無辺」とは限りがないという意味です、

生きとし生けるものの悩みや苦しみ、悲しみは尽きることがないのです。

19p



この小鳥のように無駄なことだと周囲から言われてもやむにやまれぬ気持ちで何かを実

践し続けていくと、その姿を見た人たちがいつの間にか感化され、一緒に頑張り始める

のです。

山火事は神々によって消されたとされていますが、これはきっとその願いが次の世代へ

と受け継がれ、やがて現実となることを意味しているのではないかと思います。

『法句経』には「ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される」

というお釈迦様の言葉があります。

あらゆるものは人の心がつくり出していくという華厳の教えですが、坂村真民先生も

「念ずれぽ花ひらく」という分かりやすい言葉でそれを表現されています。20p



私が経営の指針にしてきた『ビジョナリー・カンパニー』という本には、時を告げるよ

りも、時計をつくるほうが大事だと指摘されています。ワンマン経営者やカリスマ経

営者は、印象的なメッセージを発信して注目を集めますが、その人がいなくなったらお

しまいです。

けれども時計という、組織が健全に活動するシステムをつくり上げたら、後はその時計

時を告げ続けてくれるのです。62p


 

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。