税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

独立、起業家の方へ

個人開業か法人設立か

事業を興すにあたっては、会社で始めるか或いは個人事業で始めるかを先ず検討しなけ

ればなりません。

会社設立という選択のなかでも、更に、株式会社、合同会社、合名会社などの選択肢

があります。

会社を設立するときは、しっかりと違いを把握し、起こすべき事業に合致したものを選

択していきましょう。



相談は、こちらをご利用ください!!

 

熊本の税理士 新田事務所へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。TEL.096-285-3301

 

無料相談会はこちらから。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

◆ 個人事業がよいですか?法人設立がよいですか?

----------------------------------------------------------------------------------


個人事業と法人を比較する際の判断基準に挙がってくるのは、以下の4つが挙げられます。

1)税金の有利不利

2)社会保険の有利不利

3)融資面での有利不利

4)信用面での有利不利


「どちらがよいですか?」という問いに対する答えはケースバイケースだといえます。

上記の判断基準以外にも、手軽に始めたいのであれば個人事業が優れているといえ

ますし、当初から多くの従業員を雇用する予定であれば法人化すべきでしょう。

いずれにしても、自身のなかで個人事業と法人との違いをしっかりと咀嚼したうえで

判断していくことが大切となります。



 

----------------------------------------------------------------------------------

◆ 少し後押しすると…。

----------------------------------------------------------------------------------


最低資本金制度(※以前は株式会社を設立するためには資本金が1,000万円必要

でした。)が撤廃された後に設立登記された会社の資本金をみると、資本金額の少な

さに驚かされます。


つまり、会社形態の方が信用面でしっかりしているというのは、イメージでしかなく、

役員も1人、資本金も僅少で会社が設立できるとなると、個人事業と大差がないとい

うのが印象です。

 

手軽に事業を開始でき、また、消費税でのメリット享受を考慮すれば、

まずは個人事業から開始し、事業が伸びてきたらシミュレーションを行った上で

法人化を検討するというのが賢明な選択だと考えます。


許認可や受注を受ける場合に法人に限定されるケースでは、当初から法人設立が求

められるのはいうまでもありません。


 

 

----------------------------------------------------------------------------------

◆ 個人事業と法人との主な違い

----------------------------------------------------------------------------------

 

個人事業と法人との主な違いは以下の通りです。

s個人と法人の違い_01.jpg

 

熊本の税理士 新田事務所へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。TEL.096-285-3301

 

無料相談会はこちらから。


 

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。