税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

知っ得コラム

失敗しない医療法人成りについて考える

2017年9月 1日 08:00 |

一口に医療法人化といっても、先生方が置かれた環境によってその動機は様々なものが

考えられます。

例えば、分院を経営して事業規模を拡大したい、医療法人化をした方が税法上有利だと

聞いた、医療法人化して子供に診療所を継がせたい、医療法人理事長の肩書が欲しい等。

先ずは先生が医療法人化をしたい動機をしっかり認識されることから始めていただく

ことが良いのではないでしょうか。




《 個人事業から医療法人へ 》

_________________________________________



医療機関の法人化は、一般の株式会社のように誰でも設立できるという訳では

ありません。厚生労働省の認可が必要です。各都道府県で異なりますが、熊本県の場合、

年4回の申請が行われます。また申請したからといって、必ずしも医療法人化できる

わけではなく、医療審議会によって審査が行われた後に、認可の是非が決まります。




《 医療法人化のメリット・デメリット》

_________________________________________


 ■メリット

1.院長個人と医療法人との資金を明確に分けることができる

2.院長も給料がもらえ、給与所得控除が受けられる

3.法人税と所得税の税率の差などにより税金の軽減ができる場合がある

4.社会的信用が向上する

5.経費として計上できるものが増える(生命保険、家族への報酬、退職金等)

6.分院展開や事業展開ができる

7.事業承継がしやすい

8.社会保険診療報酬の振込で生じる源泉税がなくなる

 

■デメリット

1.社会保険への強制加入

2.小規模企業共済や年金基金の脱退

3.資金使途の制限(定款の定めにより、安易に投資や株式購入は出来なくなる 等)

4.医療法人は配当ができない

5.各省庁への事務手続きの増加

 6.一度法人化すると簡単にはやめられない

 (注)上記のメリット・デメリットは一例です。




《 医療法人にするか?しないか?》

_________________________________________

 

 

平成19年4月に医療法人制度が見直され、以後に設立できる医療法人は、これまでの

持ち分のある医療法人から持ち分のない医療法人へと変わりました。持ち分のない

医療法人の場合は、いくら法人が利益を生み出し、純資産を充実させても、当初に拠出

した金額までしか払い戻しを受けることができなくなりました。

 

新制度により医療法人の数は減少に転じるのではないかと言われていましたが、

その後も増加の一途をたどっており、この傾向は今後も継続することが予想されます。

果たして、医療法人にした方がよいのか?しない方がよいのか?メリット・デメリットを

見ただけで判断するのは難しいと思います。

先ずは今後どうしたいか、しっかり考えていただき、監査担当者にご相談ください。

先生方がいつまでも安定経営を続けられる道を一緒に探っていければと思います。


 

(米田 義継)

page top↑
メインページへ


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。