税理士法人 絆 新田事務所

絆がある。

知っ得コラム

「40.69%」

2009年9月 2日 13:19 | | コメント(2)
 先日外国人経営者の方とお話をする機会があり、日本は「税金が高い!」と嘆 いておられました。  果たして、日本の「税金」は、諸外国と比較すると本当に高いのでしょうか?  財務省が発表している「法人所得課税の実効税率の国際比較」によりますと、  1位 アメリカ 40.75%  2位 日本   40.69%  3位 フランス 33.33%               と並びます。  確かに、この外国人経営者が感じられたように、日本における所得課税実効 税率は、諸外国と比較すると上位に位置していました。  社会保障の充実との兼ね合いもありますので、一概に「高い=悪」とは言えな いのですが...  そ...

>>続きはこちら

必要経費についての審判所の判断

2009年8月31日 08:28 |
所得税法37条は個人の必要経費について規定された条文です。  その年分の不動産所得の金額、事業所得の金額又は雑所得の金額(事業所得の金額及び雑所得の金額のうち山林の伐採又は譲渡に係るもの並びに雑所得の金額のうち第35条第3項(公的年金等の定義)に規定する公的年金等に係るものを除く。)の計算上必要経費に算入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、★これらの所得の総収入金額に係る売上原価その他当該総収入金額を得るため直接に要した費用の額及びその年における販売費、一般管理費その他これらの所得を生ずべき業務について生じた費用★(償却費以外の費用でその年において債務の確定しないものを除く。)の額とする...

>>続きはこちら

事業用資産の譲渡に伴う申告漏れ

2009年8月24日 08:14 |
 消費税って比較的新しい税制ですね。  平成元年にできたから、それ以前の税理士って  少なからず苦手意識があるのではと。  で、日税連が過少申告や無申告のケースが散見されているので、  注意喚起しています。  --------------------------------------------------  *税務通信より  ① 貸付用建物の譲渡に係る消費税の申告漏れ       不動産賃貸業の課税事業者Aは,複数の貸付用マンションのうち1室を売却し、    譲渡損失が生じていた。消費税の確定申告では,そのマンションの譲渡損失    が生じていたことから,建物相当金額を課税売上げに計上する...

>>続きはこちら

社長と会社との金銭貸借

2009年8月20日 08:21 |
 【社長と会社との金銭貸借】  同族会社が大半の中小企業では、会社の資金繰りが苦しいときに、  社長(役員)が会社に運転資金を貸し付けたりすることがあります。  このような、会社と社長との金銭の貸し借りでは、  税務上注意すべき問題が生じます。   ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ▼ 契約書を忘れずに       中小企業では、会社と社長の資産が一心同体ともいえるため、   会社の資金繰りが厳しくなったり、倒産を防ぐために、   社長(役員)が会社に資金を貸したり、   反対に社長の自宅購入資金などを会社から借りたりすることがあります。   会社と社長との問...

>>続きはこちら

受贈者要件

2009年8月16日 15:06 |
 住宅取得等資金贈与の特例 ----------------------------------------  暦年課税贈与 → 110万円 + 500万円(措法70の2)  精算課税贈与 → 2500万円 + 1000万円 + 500万円(措法70の3)  ▼ 受贈者要件   (措法70の2)   直系尊属から住宅取得等資金を受け、   贈与を受けた日の属する年の1月1日において20歳以上である者    ...... 子の立場からすると、親はもちろん、祖父母や曾祖父母からでも可能。   (措法70の3)   贈与者の推定相続人である特定受贈者   (贈与者の直系卑属のうち、贈与を受けた年の1...

>>続きはこちら

資本金階級別 役員給与

2009年8月15日 18:14 |
 資本の金額って、会社法改正以来、 単なる計数となり数字の大きさに意味を持たなくなってしまったような気がしていた。    このような数値をみると、  まだまだ、そうでもなさそう・・・。  平成19年度法人企業統計年報  ▼ 全業種   資本金 200万円未満  3,004,984円         500万円未満  3,685,724円       1,000万円未満 3,976,422円       5,000万円未満  5,456,537円          1億円未満  8,319,728円         10億円未満 10,673,363...

>>続きはこちら

納税猶予と担保提供

2009年8月10日 22:00 |
納税を猶予するために経済産業大臣に事前に認定申請を行い、 将来本税と利子税を納めなければならなくなるリスクを抱え、 そのリスクを背負いながら、要件を満たす経営を行い、 株券不発行会社であれば、株券の発行を行い、 供託し、担保に提供する。 持分会社であれば、質権設定の承諾を行う。 ...... どのくらいの後継者が利用する制度なのだろうか。 とあらためて考える。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/enno-butsuno/qa/index_6.htm...

>>続きはこちら

開業したら

2009年8月 4日 07:55 |
 こんにちは。森 妙子です。  2006年時点で全国の企業の開業率は、  4.6%廃業率7.3%と言われていました。  現在は2009年。  サブプライム問題。政治の混迷。  現在はどのくらいにの数値になっているのでしょうか...。  日々の仕事や生活の中で  確かに、景気が悪い感はあります。  しかし、  経済情報誌を見ると、新たに開業したとして紹介される  会社が結構あるのです!  不景気不景気と言われ、全体的に暗〜い雰囲気の中においても  新しいことに取り組もうという人達はいるのですね!  明日の日本を支えようとしている方たちに  私も何か手伝えることはないか?  と自問自答する日々です...

>>続きはこちら

個人事業者の廃業に伴う事業用資産の譲渡の課否

2009年7月26日 17:03 |
 消法4④一にて 4 次に掲げる行為は、事業として対価を得て行われた資産の譲渡とみなす。  ◆1 個人事業者が棚卸資産又は棚卸資産以外の資産で事業の用に供していたものを家事のた      めに消費し、又は使用した場合における当該消費又は使用 消費税法のみなし譲渡規定です。 そして、これ。 【誤った認識】  個人事業者が廃業した場合は、事業用資産が家事用資産に転ずるだけで、譲渡に該当しないので不課税。 【正しい答え】  事業の廃止に伴い事業用資産に該当しなくなった時点で、家事のために消費又は使用したものとみなし、みなし譲渡の規定が適用されるので、課税取引となる。  ですね。    で、疑問が。 ...

>>続きはこちら

よいバランスシート

2009年7月20日 11:12 |
 【バランスシートの形】  今日は貸借対照表(バランスシート)の形がテーマです。  バランスシートが左に傾いているのは良くない状態です。  バランスシートが右に傾いているのが理想の状態です。  キーワードは、  左は「小さく・短く・上へ」  右は「大きく・長く・下へ」 です。   ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─  ★ お金が消えるとバランスが左に傾きます!  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^    会社のお金が消えていく経路は、大きく分けて5つあります。  どの会社でも、同じです。  ▼ 運転...

>>続きはこちら

負担付遺贈

2009年7月19日 18:22 |
▼11の2−7(負担付遺贈があった場合の課税価格の計算)  負担付遺贈により取得した財産の価額は、負担がないものとした場合における 当該財産の価額から当額負担額(当該遺贈のあった時において確実と認められ る金額に限る。)を控除した価額によるものとする。  負担付遺贈〜  そっか。負担債務は「債務控除」として直接控除するのではなく、  控除した価額を課税価格とするんだった。  □連帯債務者間における連帯債務の負担割合  《1》連帯債務者間に負担割合に関する特約がある場合...その負担割合  《2》上記特約がなく、その連帯債務により各人の受けた利益が明らかな場合     ...その利益を受けた割合...

>>続きはこちら

租税特別措置法の一部を改正する法律

2009年7月 6日 10:13 |
 先日「租税特別措置法の一部を改正する法律」が国会で成立しました。 ● 住宅取得等のための金銭贈与に係る贈与税の時限的軽減措置 ● 中小企業の交際費課税の軽減 ● 研究開発税制の拡充  の3本立てです。 ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ▼ 住宅取得等のための金銭贈与に係る贈与税の時限的軽減措置  ○ 住宅需要の増加は、景気浮揚対策に効果的です。    ハウスメーカー、下請け先、家具やさん、引越会社、電機会社…    一度に多くの商品が動きます。  ○ 日本の金融資産の多くは、高齢者が保有しています。    翻り、一番資金が必要な世代はそうでもないという現状があり...

>>続きはこちら

地方法人特別税

2009年7月 3日 21:19 |
地方法人特別税が創設されて、 平成20年10月1日以降に開始する事業年度から対象になってますね。 対象となる事業年度の決算申告からではなく、 「平成20年10月1日以降に開始する事業年度から」ですので、 中間申告分から計算対象になるので気をつけて下さいね。 予定申告では、前年分の算出額がないので 経過措置がとられていますが。 この地方法人特別税というのは、 今まで都道府県に納めていた法人事業税の一部を 国に納めるものです。 納めた国税は、人口と事業所の従業員数で按分され、 各都道府県に再分配されます。...

>>続きはこちら

会計上の負の「のれん」

2009年7月 2日 08:52 |
 時価純資産(=企業の清算価値)と買収価額との差額が所謂「のれん」です。  「のれん」は会計上の呼び名。  税務では、「資産調整勘定」「差額負債調整勘定」。  会計上の負ののれんって、  負ののれんが生じた事業年度に一括して利益に計上するのですね。  繰延計上していたら、買収後にあたかも収益力が  向上したようになってしまう、ので。...

>>続きはこちら

代表者貸付金は要注意。

2009年6月30日 09:08 |
 代表者貸付金は要注意。  代表者が会社へ貸した金銭は、その者の相続財産となります。  貸付先の会社の財務内容が悪く、  到底返済見込みがないとしても、  税務上、相続財産に計上しないようにするためには、  大きなハードルがあります。  はやめのDESが必須。債務超過ならなおさら。  千葉地方裁判所平成18年 ▼相続税法22条の趣旨並びに評価通達205項の趣旨及び規定の仕方からすると,評価通達205項にいう「その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」とは,同項(1)ないし(3)の事由と同視することができる程度に債務者の営業状況等が客観的に破綻していることが明白であって,債権の回収の...

>>続きはこちら

<<前の10件  1234567891011  


クライアントレポート 絆の絆 クライアントレポート 絆の絆:私たち税理士法人 絆のクライアント様のご紹介
知っ得コラム 知っ得コラム:知っているとお得な、なるほどコラム

熊本の税理士・税理士法人 絆は財務のコンサルティング・財務・会計などをおこなう税理士事務所です。「数字を経営に役立てることは できないか」「もっと提案型の会計事務所はないのか」「万全の状態で決算に望みたい」、そんなお客様のため、税理士法人 絆は「財務コンサル 力」「企業再生力」「事業継承力」の3つの力をフル活用してお客様の永続発展のためプロとしてのお仕事をさせていただきます。お客様の夢や理想を聞かせて 下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。